ボッチャ

重度の脳性まひ者や四肢まひ者が行えるスポーツとしてヨーロッパで生まれたスポーツです。現在はパラリンピック正式種目に採用されています。

​ジャックボールと呼ばれる白い目標球に、赤青のボールをいかにして近づけるか競います。重度の脳性まひ等で投球が難しい競技者は、ランプと呼ばれる補助具を使って競技を行います。

スポ協ロゴ A.D.S.A.png