車いすバスケットボール

普段車いすを使っていなくても、脊髄損傷や切断など下肢に障害のある方が、車いすに乗って行うバスケットボール競技です。

健常者も参加できますが、障がい者スポーツ大会には参加出来ません(障がい者手帳が必要なため)

一般のバスケットボールと同様のコート、リング、ボールを使用します。

 

ボールを保持したまま、2回まで車いすをこぐことができ、ダブルドリブルの反則は適用されません。

 

身体障がいの程度に応じて各選手の持ち点が決められ、1チーム(コート内5人)の選手の持ち点の合計が14点を超えないように編成を行います。

 

障がいが重くなるほど持ち点は少なくなります。また、女子選手が1人出場するごとに、出場中(コート内5人)の選手の持ち点合計から1.5点を減算します。

 

コート内でプレーできる女子選手は2名までと定められています。

イスバス (7).jpg