​アーチェリー

身体障がい選手が出場する競技です。身体機能を補助する目的でコンパウンドボウや補助具の使用が認められています。

​50m、30mラウンド、30mダブルラウンドが行われており、全日本アーチェリー連盟競技規則に準じて行われます。

【コンパウンドボウ】

​弓の上下に滑車がついており、少しの力で弓を引くことができる

スポ協ロゴ A.D.S.A.png